釣りがもっと楽しくなる。

釣りログプロジェクト。


へらぶな釣り・沖釣り・鮎釣り・渓流釣り・ルアーフィッシング・フライフィッシングなど全ての釣りのジャンルで楽しめます。


釣りログはブログ?

一見、単なる釣りのブログに見えると思います。
ブログは釣りログプロジェクトのあくまでも機能の一つに過ぎません。
カンタンに使える操作性を求めた結果、ブログ型のSNSをベースにしました。
普段ブログは書かない方にこそ使って頂きたい。
好きな釣りの情報だけが自動的に集まり読む楽しさが釣りログの真の魅力だからです。

釣りログとは自分の好きな釣りを登録することにより好きな釣りだけの情報を集める、釣りを記録、コミュニケーションなど釣りに関する全てを一つにまとめたシステムになります。

釣りログフィールドは無料でご利用頂けます。

※情報のマッチング配信は10月後半を予定しています。

釣りログのブログ?

登録するだけでかんたんに使えます。

まずは自分の好きな釣りのスタイルを登録。
自分がよく行く釣り場のエリアを登録。
そして自分の住まいのエリアを登録。
それだけで、自分の好きな釣りと自分に関係するエリアの情報が配信されます。
自分が興味のない釣りの情報は配信されない。だから読み飽きない。
それが釣りログの情報マッチングシステムです。

釣り場情報の売買。

釣り人のホンネ。

釣り場情報の売買がはじまります。
 釣りログは釣り人のホンネで作られています。大切な釣り場の情報をSNSで共有なんてあり得ない。
もし情報を教えるならホンネを言えばタダではちょっと教えられない・・・
いつも同じ場所に釣行。イマイチ成果も上がらずマンネリ気味。新しい釣り場を開拓したい。WEBで検索しても詳細情報はほとんどない。雑誌の情報や釣り場MAPを購入してはみたもののありふれた情報しかない。
だからこそ釣りログが釣り人のホンネをシステム化。リアルな情報ならお金を出しても欲しい釣り人と、タダでは教えられない貴重なリアル情報を持つ釣り人をマッチングさせます。SNSで釣り場情報の共有はあり得ない。だったら釣り人同志お互いが納得出来る価値で取引できるマーケットを作れば良い。
それが釣りログプロジェクトの一環、
釣り場情報の売買マーケット「ロコアングラーズマーケット」です。

 ※2019年10月後半リリース予定の釣りログアプリから始まります。
マーケット開催は2020年オープン予定です。

非常識を常識に変える。 釣り場情報の売買。

最もリアルな情報。

最もリアルでタイムリーな情報の収集が出来ます。
陸っぱり情報なら釣り人同志。
沖釣りの情報なら釣り船の船長が書くブログ。
新製品の情報ならメーカー。
ショップのお買い得セール情報なら住まい近くのショップ。
渓流や鮎釣りのローカル情報なら所轄の漁協。
釣り人と様々なジャンルのプロからのブログ情報が釣りログに登録するだけで、毎日無料で読むことが出来ます。
釣りがもっと好きになる。それが釣りログの情報収集アンテナシステム。

※情報のマッチング配信は10月後半を予定しています。

釣りの最もリアルな情報

釣りログフィールド

釣果ブログ、釣りのブログを書く。
MYタックルにこだわる。
自分の好きな釣りに関して書く、情報を収集する。
ただ単に釣果ログを書くだけではなく、釣行回数や積み重ねた釣果など、釣り人としての成長がデータベースとして記録されます。

そしてアプリ版なら全国ランキングに参加出来ます。
※2019年10月後半リリース予定「釣りログアプリ」

Breakthrough

画期的

広告を情報に変える。それが釣りログ。

世にあるSNSは不要な広告に溢れています。釣りは釣りでも自分が興味のない釣りの種類の広告はあくまでも単なる広告。一般的なSNSで表示されるバナー広告や記事広告は興味もないしちょっとウザいなと思いませんか?釣りログならそのちょっとウザいなと思う広告を、自分自身に適した情報、欲しいなと思う情報に変えるエンジンがあります。自分が好きな釣り、興味のある釣りと自分に関連した地域の情報だけが配信されます。釣りログで配信される情報は好きな釣りの情報だけなので面白く、むしろ好きな釣りの最新の情報であれば広告であっても積極的に読みたい。そんな釣り人の心理やホンネを理解した上で開発されました。飽きない、斜めに読まない、常に面白い情報が読めます。

記憶を記録に。記憶に思い出をプラスする。

その釣りに適したフォーマット。

その釣りに適したフォーマット。

釣りに関するブログを書く、記録を残す。世にある釣りのSNSやブログは、特定の釣りだけに特化したフォーマットが多いのも事実。「釣りは全て同じではない」釣り人のホンネをカタチにしました。釣りの種類が変わればブログに書くことも、残したい記録も違う。だから釣りログはその釣種に適した専用フォーマットを用意しました。鮎釣りには鮎釣りのフォーマット。フライフィッシングにはフライフィッシング専用のフォーマットで的確な釣果記録やブログが書けます。

一生使える記録を残す

一生使える記録を残す。

 

SNSだけが釣りログの楽しみではありません。自分が使っているタックルの記録。釣果専用の手帳が欲しい。釣りのSNSとしてのコミュニケーションももちろん楽しめますが釣りログは公開しない自分だけの釣りの記録にも機能がたくさんあります。コミュニケーションは求めない。でも釣りの記録はしっかり残したい方にもお勧めです。

 

※更に2019年8月リリース予定の釣りログアプリなら自分の釣り場ごとの記録やデータ分析が可能になります。しかもそのデータを売ることが可能になります。

 


 

完璧な記録フォーマット

完璧に書ける。

ついつい書き忘れてしまうことがないように、釣果フォーマットを用意しました。約70種類の釣りの種類に分類された釣りログのフィッシングスタイル。その釣り種に適したフォーマットが自動的に紐づけされるので、忘れがちなことも、完璧に書ける。誰でも雑誌の記事のような記録が残せます。もちろんシンプルに楽しみたい、残したい方なら、フォーマットを使わなければ、フォーマットは反映されません。プロ並みの記事を選ぶか、シンプルに写真型SNSのように楽しむかは自由です。

釣果だけじゃない。毎日使えるSNS。


世にある釣り専用ブログ、SNSの弱点は釣果以外書きにくいこと。
毎日釣りに行く訳ではなく、釣りの事にこだわれば書くことがなくて飽きてしまう。釣りログは日常の記録が書けるブログ「日々ログ」が付属します。釣り人以外の自分の日常を書く楽しみも釣りログの魅力の一つです。愛車や愛犬のこと。ラーメンなど好きなことを書いてください。

釣果だけじゃない。毎日使えるSNS。

タックルにこだわる。

釣果にこだわり、釣り道具にこだわる。それも釣りログのこだわりです。釣果ブログを書くだけではなく、釣果に紐づけたルアーの詳細や、例えばいつ購入したか、リールにいつどれくらいラインを巻いたかなどの管理や、手放した道具の記録も思い出とともに残すことが出来ます。
タックルのインプレッションが書きやすく、釣り仲間の口コミ情報収集にも役立ちます。

淡水魚採取・飼育鑑賞

淡水魚採取・飼育鑑賞

通称「ガサガサ」網を片手に小川や用水路で淡水魚やエビを獲る。
釣り人ならずとも一度は経験していませんか。
そんな楽しみも釣りログではカタチにしました。
淡水魚採取や鑑賞飼育のブログ作りました。
リリース予定の釣りログアプリなら、貴重な淡水魚の㊙採取場所も情報交換や売買が可能になります。

釣りの帰りにちょっと寄り道して

釣りの帰りにちょっと寄り道して。

網を片手に自然と遊ぶ。子供に戻る時間。
そんな絵日記代わりに釣りログを書く。


釣りとは違う魚との付き合い方を楽しむ

釣りとは違う魚との付き合い方を楽しむ。

釣りログならアクアリウムの記録にも使えます。
同じ趣味同志のコミュニケーションを楽しむ。
情報交換。

釣りログアプリ。常識が変わる革新的機能。

釣りログアプリ。

2019年10月後半いよいよリリース。

釣りの常識が変わる。

300人以上の釣り人の想いをカタチに。

釣りログアプリは沢山の釣り人達の意見やアイデア、そしてあったらいいねから生まれました。

構想から開発まで2年の歳月が掛かりました。

釣り人が本気で欲しい機能が盛りだくさん

釣り人が本気で欲しい機能が盛りだくさん。

とことん利便性を追求。
面白い機能。
釣り友達のリアルタイム位置情報や、写真には残らない釣り人ならではの情報も記録出来ます。
2019年9月iOS、アンドロイド版同時リリース!

釣り人としての成長記録や、リアルタイム情報。
今までになかった画期的な釣りアプリ。
見えないものすらカタチに残す。

COMEING SOON




釣りをビジネスとしている全てのプロの方々に。

ブログを使いターゲットを絞ったピンポイントで地域に密着した宣伝も可能。

誰でもカンタンに使えてカッコいいホームページが持てる。
ブログ形式でカンタン更新、便利で機能的。
ユーザーが見やすいスマホファーストデザイン。
釣果が書きやすく更新しやすい。しかも的確にユーザーに配信される。
お知らせや宣伝に使える各業種別専用設計のブログが付属。


釣りログプロでこれからの広告配信が劇的に変わる。